忍者ブログ

脚やせ 効果でおすすめの歩くエクササイズとエステの口コミ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

セルライトを取るには?

セルライトを取るには、どうすればいいのでしょうか?

エステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)などでプロにマッサージ(フランスで生まれたといわれていますが、バリやハワイのものも人気ですし、韓国やタイのものもあります)をしてもらえば、セルライトをほぐして落とす事が可能でしょう。

でも、エステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)に通い詰めるとなると、お金がかかるのですよね。

お金の節約の為にも、自分で何とかしたいと考える女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)が多いみたいです。

では、自分でもセルライトをとる事はできるんでしょう?

まず、セルライトは長年の不摂生がもたらした物ですから、そんなに簡単に取れるものではない事を覚悟して下さい。

ですが、心を入れ替えて生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などの習慣を指します)をかえることで、セルライトを取ることが出来るはずです。

ひとまず、食習慣を改善して下さい。

ファーストフードや外食を控え、野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)と魚を中心とした栄養バランスのとれた食事を取ります。

次に、血行と代謝を促進するため、リンパのマッサージ(血液の循環やリンパの流れが改善されます)を行って下さい。

できれば毎日、入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)タイムに行うといいですよ。

少し熱めのお湯で半身浴(一時期ブームとなり、便利グッズも色々と開発されました)して、マッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)するのがベストです。

それに、適度な運動と質の良い睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)も必須だといえると思います。

つまり、規則正しい健康的な生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送りながら、有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)も取り入れると言う事なのです・
PR
コメント(-)トラックバック(-)

どうして脚は痩せにくいの?

脚というものは、体のなかにも特に痩せにくいかも知れません。

では、なぜ脚は痩せにくいのでしょう。

それは、身体の下にあり、心臓から遠いからです。

夕方になったのであれね脚がむくむといった女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)も多いんですが、これも同様の理屈だと言われています。

よく下から太り、上から痩せるなどと呼んでいますが、特に女性の場合には、ダイエットすると胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)が小さくなり、脚はなかなか細くならないと言う事に悩んでしまう人も多いものです。

それに、胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)の脂肪が腹部や背中に流れるというのも、年齢を重ねるにつれて増えてきます。

つまり、脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)は重力により、下へと移動する傾向があります。

また、血液が身体の色々な器官に栄養や酸素を送ったり、不要な成分や排出物を運び出しているみたいです。

でも、脚は血液を送るポンプ(液体や気体を吸い上げたり、送ったりする機械のことです)にあたる心臓よりも下にありますね。

しかも、心臓から離れていらっしゃるのでに、血行が滞りやすいだと言われているのです。

これによって、運び出されるはずの余計な水分が溜まればむくんでしまうのですし、脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が溜まれば太い脚になってしまうでしょう。

逆にいえば、脚の血行をよくして、滞らないようにすれば、脚痩せしやすくなります・
コメント(-)トラックバック(-)

脚痩せにいいストレッチって?

脚痩せにいいストレッチとしては、どういうものがあるんでしょう?

効果的に脚を細くするには、複?のポイントがありますよね。

・血行を良くすること
・固まってしまったセルライトを解す事
・ほどよく脚に筋肉を付ける事

これらにより、脚の脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)やむくみ(顔や手足の細胞組織に水分が溜まって腫れることをいいます)を落とし、脚だけを細く行うことが可能になるのです。

では、具体的にどうするかと言ったら、始めのうちは、血行促進とセルライトをほぐすためにマッサージを行うんです。

これは、浴槽などで温まった状態で行ってしまうと効果的なんですね。

できれば、半身浴(気温が低い時期には、肩を冷やさないようにタオルなどで保温するのがいいでしょう)で行うようにしましょう。

マッサージ(筋肉のコリがほぐれたり、ぐっすり眠れたりしますね)後に、ストレッチ(静的ストレッチが一般的ですが、動的ストレッチやPNFストレッチなどの種類があります)を行うとを行うことで、より高い効果を得る事ができます。

それに、自転車漕ぎやスクワットなども、足痩せには効果的です。

スクワットと言っても、スポーツ選手がやるような激しいものでなくても良いので、自らの体に負担が掛からない程度に行ってください。

キツいスクワットを短時間行うより、緩めのスクワットをのんびりと長時間行う方 が効果が得られるでしょう・
コメント(-)トラックバック(-)

脚痩せにいい食事って?

脚痩せによい食事とは、どのくらいの食事なんでしょう?

脚痩せに効果が期待出来る食事は、以下みたいなと呼ねれているんです。

・糖分や脂肪分、塩分の過剰摂取を控えた食事
・血液をさらさらにして血行を良くする食事
・栄養バランス(真剣に考えると、献立を考えるのも一苦労ですね)の整った食事

まず、脚痩せする為には、脚のむくみ(心疾患や甲状腺機能低下症などの病気が原因のこともあります)を取り、脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)分を燃焼させる必要があるはずです。

外食やコンビニ弁当のような塩分・脂肪分が多い食事をとりいると、塩分により水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を溜め込んでしまい、むくみ(心疾患や甲状腺機能低下症などの病気が原因のこともあります)の要因となります。

それに、食べた分の脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)を消費するだけの運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)をしなければ、脂肪が体に蓄積されてしまいます。

特に重力の影響を受けやすく、血行が滞りがちな下半身に、その影響が大きく出てしまうのです。

お菓子などと言ったあまいものも同様です。

過剰な糖分(糖にも様々ありますが、ブドウ糖であるグルコース、トレハロース、キシリトールなどが有名でしょうか)摂取はカロリーオーバーの原因になりますし、血液をドロドロにしてしまうでしょう。

脚痩せの為には、血行を促進することがすごく重要です。

血行を良くするためにも、血液がドロドロになるような食事や飲酒(自分の能力を超えて飲むと二日酔いになります)、喫煙(吸っている本人だけでなく、側で煙を吸った人の健康にも影響が出るといわれています)などは避けるのです。

その上で、栄養バランスのよい野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)と魚を中心とした薄味の和食にすることで、血液をさらさらにして血行を促進し、脚痩せさせる為の基礎を作ることができます・
コメント(-)トラックバック(-)

脚痩せにいい歩き方って?

脚痩せに良い歩き方とは、どのくらいの歩き方からなのでしょうか?

それは、モデル(模型のことをモデルともいいますね。プラモデルなどが一般的でしょう)のウォーキング(水中を歩くとより体に負担がかからないで運動できます)のような正しい歩き方をすれねす。

特に、ハイヒール(つま先よりもかかと部分が高い靴をいいます)を履いていると姿勢が悪くなり、脚の変な部分に力が入って歩くとしまう為、おかしな筋肉の付き方で太く見えてしまう事もあるかもしれませんね。

それに、体の外側を重心にして歩く方も多いのです。

もし、靴(オシャレな人は足元にこだわっていることが多いそうですよ)の減り方をチェックして外側の方が減少しいるようなら、その典型と考えて下さい。

脚痩せによい歩き方をする為には、出来る限りヒールのない靴(ABCマートでは、大きめのサイズから試着させるそうです。その方が買われやすくなるのだとか)を選び、正しい姿勢で足の内側に重心が来るように心がけながら歩きます。

ただしい姿勢とは、壁に背中を向けて立った時に、かかと・おしり・肩・頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)が全て壁につくような姿勢です。

大抵の方は前かがみであるいていますから、その姿勢で歩くことに苦痛を感じるとなります。

それでも、意識的にこの姿勢を保ったまま、歩く時にはかかとから地面につけ、つま先で押し出すようにして歩いて下さい。

くれぐれも足全体でべたべたと歩かず、踵からの着地を意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)します。

そして、反対の足の爪先で蹴り出すと呼ねれているのです。

まず始めにむずかしいと思いますので、のんびり歩く練習をして下さい。

もう1つ大切なのは、常に体の中心に重心が来るように、一直線上を歩くようなイメージを持つと言う事なのです。

両足の太ももやふくらはぎ(正式名称は腓腹筋でマッサージをすると細くなるでしょう)を擦り合わせる感じで、歩いてみて下さいね・
コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 脚やせ 効果でおすすめの歩くエクササイズとエステの口コミ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]